女性の婚活攻略法

みなさんは、30歳以上の男女の、未婚割合がどのくらいなのかご存知でしょうか。
晩婚化が進んでいる、とよく言われていますが、いわゆる適齢期と言われている年齢層での男女の数にどのくらいの差があるのでしょうか。
平成17年度の国政調査によると、30才から34才までの男性の未婚者は約232万人、女性は154万人と、男性の方が78万人多いようです。
同じように35才から39才では、男性の方が55万人多く、40才から44才では男性の方が41万人多いという調査結果が出ています。
どの世代で見ても、男性の方が圧倒的に多い、ということがわかりますよね。
もちろん、結婚は年齢でするものではありませんし、結婚相手が同年代である必要もありません。
ただ、男性の方が人数的に不利な状況にある、ということは間違いなさそうですよね。
出会いの数を増やす意味でも出会い系サイトなどをフル活用して、婚活を進めていったほうがいいかもしれませんよね。
しかし、女性の立場から考えると、未婚者の男女差ほど、有利とは思えないのではないでしょうか。
いい出会いがない、と感じている女性はそんなに珍しくはありません。
男性の数が多かったとしても、結婚相手として選んでくれる人が増えるわけではないですよね。
では、男性はどのような女性を求めて、出会い系サイトなどで婚活をしているのでしょうか。
人の好みは様々で、個人個人でかなり違ってきますが、結婚したくない女性、ということで考えると、かなり似通ってきます。
まず、自己中心的な女性は敬遠されがちです。
例えば、子供を産んでも育児や家事をしない、働きたくないけど贅沢がしたい、など、他がどれだけ魅力的であっても、共同生活が辛くなる相手は選びたくないですよね。



男性は女性よりもロマンティックな生き物だ、とよく言いますよね。
いつまでも女性的な仕草をしてほしいと思っていたり、ドラマの中でしかないような夫婦像を夢見ていたり、そんな部分を理解してもらえると嬉しく感じるのではないでしょうか。
婚活は、自分を見つめ直すいい機会でもあります。
もし、自分は少し自己中心的な面がある、と感じるのであれば、できる限り治せるように、意識して生活してみてもいいかもしれませんね。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »